2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

イーストサイド・ギャラリー

2015年10月15日号

[ドイツ、ベルリン]

25年前にベルリンを訪れたときは、分断が終わった直後だったので、まだ壁が多く残っていた記憶があるが、いまはほとんどない。ただし、壁を残して画家の長大なキャンバスとしたイーストサイドギャラリーがある。ただの落書きのような作品が多いが、紛れもない歴史の証言者だ。こうしてベルリンは都市の記憶を空間に蓄積している。

2015/09/24(木)(五十嵐太郎)

2015年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ