2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

artscapeレビュー

ディーナー&ディーナー《フンボルト大学自然史博物館》ほか

2015年10月15日号

[ドイツ、ベルリン]

過去の建築と対話するディーナー&ディーナーの《自然史博物館》と《ハンブルク駅現代美術館》へ。後者のブラック・マウンテン展は、大学を辞めさせられた先生が、1933年にアメリカで設立した理想の芸術学校を紹介するものだ。ドイツからアルバース夫妻を招聘してバウハウス教育を導入し、ジャンルを超えて名だたるアーティストが出入りしていた状況を丁寧に伝えている。この教育機関からはラウシェンバーグらが輩出された。

写真:上=ハンブルク駅現代美術館、下=ブラック・マウンテン展展示風景。

2015/09/18(金)(五十嵐太郎)

2015年10月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ