2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

2015年02月15日号のレビュー/プレビュー

プレビュー:Installing of the Exhibition “BNF” & Artist

会期:2015/02/28~2015/03/29

ARTZONE[京都府]

「これまでARTZONEで展覧会をやってきて思うことは、完成した展覧会そのものよりも、それに向けた搬入の方が実はおもしろいのではないか? ということです」とDM。なるほど。この会期の後の2015年4月4日からの展覧会「Before Night Falls 夜になるまえに」(出品は荒木優光、小栢健太、神馬啓佑、谷中佑輔、村田宗一郎、冬木遼太郎、山下拓也、YAP。こちらも楽しそう)の搬入作業の公開に加えて、ゲストとして香川裕樹、前谷開の作品が展示されるが、会期が進行するにつれて、後者の2人の作品はなくなっていくという内容。気になるから、何度も見てみようと思う。キュレーターは堤拓也 & 山田卓矢。

2015/02/04(水)(松永大地)

プレビュー:Sign of Happiness

会期:2015/03/02~2015/03/15

Antenna Media[京都府]

京都駅南のpunto(http://punto-studio.net/)という共同アトリエで制作を行っている若手作家によるグループ展。洋画の岡本里栄と嶋春香、長谷川由貴、陶芸の西條茜、日本画の松平莉奈、漆工の山西杏奈。2014年に京都の芸大を卒業・修了した、ほぼ同世代の彼女たち。作品だけではなく、世代としての問題意識や眼差しの先にあるものなどもうかがってみたい。

2015/02/04(水)(松永大地)

プレビュー:榎本耕一個展「超能力日本」

会期:2015/03/06~2015/05/11

HAPSオフィス1F[京都府]

2013年より京都、HAPSのスタジオにて制作を行っている榎本耕一。京都初個展は、会場こそウインドウ越しに見る形式だが、24時間観覧可。彼の作品は、ジャンルを問わないさまざまなイメージが脳内で咀嚼・混合され、出力された爆発力のあるペインティング。真夜中に、偶然出くわしたりしても楽しめそう。

2015/02/04(水)(松永大地)

2015年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ