2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

著者情報

山村真紀(やまむら・まき)

最終更新日:2011年06月01日

twitterでつぶやく

1978年生まれ。ミュージアム・サービス研究所主宰。幼少時をアメリカ、メリーランド州にてすごし、スミソニアン博物館群に親しむ。2000年、大学時代にアメリカ約40館のミュージアムめぐりを行い、ミュージアム業界に足を踏み入れる。松戸市立博物館、神奈川県立地球市民かながわプラザ等にて主に利用者調査に従事。その後、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科において「ミュージアム・サービス論」で修士号(社会デザイン学)取得。2006年より慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構助教。ミュージアム・コミュニケーション・チャンネル・プロジェクトリーダーを経て、2009年より現職。2010年第4回21世紀ミュージアム・サミット等に参画。2011年3月12日savemuseumを立ち上げ、現在saveMLAKにミュージアム担当として関わる。

この著者が書いた記事

東日本大震災 ミュージアムにおける震災情報──「saveMLAK」の設立にあたって

コンテンツカテゴリ:デジタルアーカイブスタディ
[2011年06月01日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ