2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者情報

丸山美佳(まるやま・みか)

最終更新日:2018年07月01日

長野県生まれ。ウィーン・東京を拠点に、批評家、キュレーターとして活動。横浜国立大学大学院建築都市文化専攻修士課程修了。現在、ウィーン美術アカデミー博士課程在籍。キュレーターとして巡回展覧会プロジェクト「Behind the Terrain」(ジョグジャカルタ、2016/ハノイ、2017/東京、2018)を東南・東アジアにて進行中のほか、「Body Electric」(東京、2017)などを手がけてきている。主な批評の寄稿先は「Camera Austria International」、「美術手帖」など。2018年4月、美術家の遠藤麻衣とともにクィア系アート冊子「Multiple Spirits(マルスピ)」を創刊。

この著者が書いた記事

【ウィーン】歴史と共鳴するコンテンポラリーアート

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2018年07月01日]

文字の大きさ