中井康之:著者紹介|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

著者情報

中井康之(なかい・やすゆき)

最終更新日:2018年04月01日

1959年生まれ。国立国際美術館副館長。これまで企画したおもな展覧会=「もの派-再考」「藤本由紀夫展 +/-」「アヴァンギャルド・チャイナ-〈中国当代美術〉-二十年」など。

この著者が書いた記事

「パフォーマンス・アート」──その表現と体験の深化

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2018年07月15日]

京都市立芸術大学の版画専攻の卒業制作展より

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2018年04月01日]

現代美術展から見る図書館の現在──DOMANI・明日展PLUS X 日比谷図書文化館

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2018年01月15日]

合目的的不毛論

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年12月15日]

山本理恵子「空白の頁」、吉岡千尋「sub rosa」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年08月01日]

裏声で歌へ

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年05月15日]

この世界の在り方

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年01月15日]

古都祝奈良 川俣正「足場の塔」と宮永愛子「雫─story of the droplets」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年10月15日]

植松永次展「兎のみた空」、亡霊──捉えられない何か Beyond the tangible

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年07月15日]

山口啓介 | カナリア

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年04月15日]

文字の大きさ