2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

著者情報

檜垣立哉(ひがき・たつや)

最終更新日:2013年06月17日

twitterでつぶやく

1964年生まれ。現代フランス哲学・生命論。大阪大学人間科学研究科教授。著書=『ベルクソンの哲学──生成する実在の肯定』『賭博/偶然の哲学』『フーコー講義──現代思想の現在』『ヴィータ・テクニカ──生命と技術の哲学』『子供の哲学──産まれるものとしての身体』ほか多数。

この著者が書いた記事

身体・地球・宇宙へと広がる、内臓のはるかな記憶──「内臓感覚──遠クテ近イ生ノ声」展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年06月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ