2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者情報

金子智太郎(かねこ・ともたろう)

最終更新日:2017年02月15日

twitterでつぶやく

1976年生まれ。美学、聴覚文化研究。非常勤講師。近著に「サウンド・パターンを聴く──トニー・シュヴァルツのドキュメンタリー録音」(『美学』第246号、2015)。共訳にジョナサン・スターン『聞こえくる過去──音響再生産の文化的起源』(中川克志、金子智太郎、谷口文和訳、インスクリプト、2015)。過去に城一裕との「生成音楽ワークショップ」、雑誌『アルテス』洋書レビュー、音響文化研究会などでも活動。http://d.hatena.ne.jp/tomotarokaneko/about http://researchmap.jp/read0148933/

この著者が書いた記事

Artwords 現代美術用語辞典 ver.2.0

音の展開2017

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2017年02月15日]

音の展開2014

コンテンツカテゴリ:いま知っておくべきアートワード50選
[2014年08月01日]

[シリーズ6:“音”の現在形]聴くこと、見ること、知覚すること──音=楽=アートの現在形

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年12月15日]

音響による空間構成──池田亮司「+/−[the infinite between 0 and 1]」展

コンテンツカテゴリ:展示の現場
[2009年04月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ