2017年10月15日号
次回11月1日更新予定

著者情報

谷口英理(たにぐち・えり)

最終更新日:2016年04月15日

twitterでつぶやく

国立新美術館研究員(美術資料室長)。日本近現代美術史、美術資料研究。編著に『美術批評家著作選集15 今泉篤男 植村鷹千代』(ゆまに書房、2013)、共著に『美術の日本近現代史 制度・言説・造形』(東京美術、2013)、『幻のモダニスト 写真家堀野正雄の世界』(国書刊行会、2012)『昭和期美術展覧会の研究』(2009)など。

この著者が書いた記事

日本の美術館にアーカイブズは可能か? シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」

コンテンツカテゴリ:デジタルアーカイブスタディ
[2016年04月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ