2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

著者情報

暮沢剛巳(くれさわ・たけみ)

最終更新日:2017年07月21日

twitterでつぶやく

1966年青森県生まれ。東京工科大学デザイン学部教授。美術批評・美術館研究・文化批評。著書に『「風景」という虚構―美術/建築/戦争から考える』『ル・コルビュジエ──近代建築を広報した男』『アートピック・サイト』『エクソダス──アートとデザインをめぐる批評』など多数。

この著者が書いた記事

加納光於──清澄な空気の穂先に

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2017年07月15日]

「巫女」のブックデザインに「ウットリ」するひととき

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2016年02月15日]

デザインの展開2014

コンテンツカテゴリ:いま知っておくべきアートワード50選
[2015年03月15日]

「忘却の海」に浮遊するこだわりの諸断片──「ヨコハマトリエンナーレ2014」レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年08月15日]

ウォーホルと日本──「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年03月15日]

事故の発明、旅の発明──可能性としてのツーリズム

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年09月15日]

[シリーズ1:“美術”の現在形]「現代美術用語辞典 ver 1.0」から「Artwords(アートワード)」までの10年を振り返る[第2部]

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年02月15日]

「現代美術用語辞典 ver 1.0」から「Artwords(アートワード)」までの10年を振り返る

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年01月15日]

「現代美術用語事典」のあゆみ──Ver.2、1,500語達成のお祝いにかえて

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年09月15日]

「技術を伴ったパッションの記号化」の軌跡と今後──松井冬子「世界中の子と友達になれる」展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年01月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ