2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

著者情報

畠中実(はたなか・みのる)

最終更新日:2013年12月16日

twitterでつぶやく

1968年生まれ。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員。おもな展覧会=「サウンド・アート──音というメディア」「サウンディング・スペース」「サイレント・ダイアローグ」「可能世界空間論」「みえないちから」「磯崎新──都市ソラリス」が2013年12月14日より開催中。ほか。

この著者が書いた記事

16年目のICCと磯崎新展──磯崎新「海市」から「都市ソラリス」へ

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年12月15日]

[シリーズ6:“音”の現在形]聴くこと、見ること、知覚すること──音=楽=アートの現在形

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年12月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ