2018年11月15日号
次回12月3日更新予定

著者情報

阪本裕文(さかもと・ひろふみ)

最終更新日:2018年09月18日

1974年生まれ。映像研究。稚内北星学園大学情報メディア学部情報メディア学科教授。NPO法人戦後映像芸術アーカイブ代表理事。共著『アメリカン・アヴァンガルド・ムーヴィ』(森話社、2016)、編著『松本俊夫著作集成』(森話社、2016〜)など。

この著者が書いた記事

Artwords 現代美術用語辞典 ver.2.0

【韓国】アーカイブとしての映画祭の可能性──ソウル実験映画祭(EXiS)レポート

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2018年09月15日]

デリケートな協働──3.11を契機として制作された映画・映像の、その後

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2016年03月15日]

映画/映像のメディウムを読み直す(「映画をめぐる美術──マルセル・ブロータースから始める」展レビュー)

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年05月15日]

映像の交換性──3.11を契機として制作された映画・映像について

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年04月15日]

映像の展開2014

コンテンツカテゴリ:いま知っておくべきアートワード50選
[2014年02月15日]

[シリーズ7:“映像”の現在形]脱領域的な表現手法と批評の展開

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2014年01月15日]

文字の大きさ