2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

著者情報

長谷川仁美(はせがわ・ひとみ)

最終更新日:2016年01月13日

twitterでつぶやく

香港在住のキュレーター、映像作品の保存とディストリビューションを行うMIACA のディレクター。これまでの展覧会企画は、プラットフォーム・チャイナ・コンテンポラリー・アート・インスティテュート(香港)、クンストビューロ(ウィーン)、クンストハーレ・デュッセルドルフ、国立現代美術館(キエフ)、彫刻美術館(ストックホルム)など。2010年に文化庁の海外派遣プログラムにて香港のアジア・アート・アーカイブにリサーチャーとして1年間在籍。ロッテルダム国際映画祭、オーバーハウゼン・ショートフィルム・フェスティバル、スリシティ・アートスクール(バンガロール、インド)などで上映プログラムを制作、上映。2015年秋にはソウルの国立近代美術館MMCAでフェミニズムに関する映像プログラム等を上映した。

この著者が書いた記事

香港アートシーン──大規模プロジェクトの展開と民主化デモの影響

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2016年01月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ