2017年09月15日号
次回10月2日更新予定

著者情報

竹峰義和(たけみね・よしかず)

最終更新日:2013年07月16日

twitterでつぶやく

1974年生。東京大学大学院総合文化研究科准教授。近現代ドイツ思想史、映像文化論。著書に『アドルノ、複製技術へのまなざし』。フランクフルト学派の思想家(とりわけTh. W. アドルノとA. クルーゲ)の映像メディアをめぐる理論と実践について考察する作業を軸に、近現代のドイツ思想を研究している。くわえて、最近では、ドイツにおける映画亡命というテーマにも取り組んでいる。

この著者が書いた記事

〈統御された崇高〉の美学──アンドレアス・グルスキー展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年07月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ