毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回4月3日更新予定)

著者情報

川浪千鶴(かわなみ・ちづる)

最終更新日:2011年11月01日

twitterでつぶやく

高知県立美術館企画監兼学芸課長。福岡県立美術館学芸課長を経て、2011年7月から現職。専門は日本の戦後から現代美術、美術館教育、アートマネジメント。おもな企画展=「アートの現場・福岡」シリーズ(1998〜2009)、「菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ」展(2008)、「池田龍雄 アヴァンギャルドの軌跡」展(2011)ほか。

この著者が書いた記事

シリーズ ミュージアムとの創造的対話01 Monument/Document 誰が記憶を所有するのか/イノビエンナーレ

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2017年03月15日]

アーティスト・イン・レジデンス 須崎 現代地方譚4/スサキ(アート)アセンブル

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2016年11月15日]

坂﨑隆一展 Я∃TИ∃ TOИ Oᗡ

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2016年08月15日]

大原治雄写真展 ブラジルの光、家族の風景

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2016年05月15日]

書籍版『赤崎水曜日郵便局』

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2016年02月15日]

「私的[荒川修作+マドリン・ギンズ]考」「ヨーロッパの写真家が出会った高知」「イノビオーダー555」ほか

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2015年11月15日]

「没後20年 具体の画家──正延正俊」「TODAY IS THE DAY:未来への提案」「ヒロシマを見つめる三部作 第1部:ライフ=ワーク」

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2015年08月15日]

「鈴木理策写真展──意識の流れ」「刺繍をまなぶ展」「具体の画家──正延正俊」

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2015年05月15日]

倉地雅徳×五十嵐英之 Live with Drawing──人はなぜ「絵」を描き続けるのか

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2015年02月01日]

石元泰博展示室オープン/オープン記念「石元泰博写真展──この素晴らしき世界」/アーティスト・イン・レジデンス須崎「現代地方譚2」

コンテンツカテゴリ:学芸員レポート
[2014年11月01日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年03月15日号