2017年11月15日号
次回12月1日更新予定

著者情報

松岡新一郎(まつおか・しんいちろう)

最終更新日:2012年06月15日

twitterでつぶやく

1964年生。国立音楽大学専任講師。東京大学大学院超域文化科学博士課程単位取得退学(表象文化論)。訳書=ユベール・ダミッシュ『パリスの審判──美と欲望のアルケオロジー』、ティエリー・ド・デューヴ『芸術の名において──デュシャン以後のカント/デュシャンによるカント』(松浦寿夫との共訳)ほか。

この著者が書いた記事

「美術と印刷物 1960-1970年代を中心に」展

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2014年10月15日]

ロプロプはなにを教えるか──「マックス・エルンスト-フィギュア×スケープ──時代を超える像景」レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年06月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ