2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

大山エンリコイサム(おおやま・えんりこいさむ)

最終更新日:2015年06月15日

twitterでつぶやく

美術家。1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。グラフィティ文化の視覚表現を翻案したモチーフ「クイック・ターン・ストラクチャー(Quick Turn Structure)」をベースに壁画やペインティング作品を発表し、注目を集める。また、コム デ ギャルソンやシュウ ウエムラとのコラボレーション、著書『アゲインスト・リテラシー──グラフィティ文化論』(LIXIL出版、2015)の刊行など広く活動している。アジアン・カルチュラル・カウンシル2011年度グランティ(ニューヨーク滞在)。現在ニューヨーク在住。http://www.enricoletter.net

Photo © 2013 Lokke Highstein

この著者が書いた記事

Artwords 現代美術用語辞典 ver.2.0

匿名のアコースティック・イメージ──「サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡」展に寄せて

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2015年06月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ