2017年07月15日号
次回8月1日更新予定

著者情報

沢山遼(さわやま・りょう)

最終更新日:2011年05月30日

twitterでつぶやく

1982年生まれ。美術批評。武蔵野美術大学大学院造形研究科修士課程修了。2010年「レイバー・ワーク──カール・アンドレにおける制作の概念」で『美術手帖』第14回芸術評論募集第一席。『美術手帖』誌を中心に批評や論文を執筆。

この著者が書いた記事

Artwords 現代美術用語辞典 ver.2.0

[シリーズ1:“美術”の現在形]「現代美術用語辞典 ver 1.0」から「Artwords(アートワード)」までの10年を振り返る[第2部]

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年02月15日]

「現代美術用語辞典 ver 1.0」から「Artwords(アートワード)」までの10年を振り返る

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年01月15日]

絵画的保守主義と結合の美学──「会田誠展:天才でごめんなさい」レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年12月15日]

中間地帯のポロック──「生誕100年 ジャクソン・ポロック」展レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年12月15日]

観ることのパフォーマンス──高嶺格論:横浜美術館「高嶺格:とおくてよくみえない」をとおして

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年03月01日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ