2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

市原研太郎(いちはら・けんたろう)

最終更新日:2011年03月16日

twitterでつぶやく

美術評論家。著書=『マイク・ケリー“過剰の反美学と疎外の至高性”』『ゲルハルト・リヒター/光と仮象の絵画』ほか。

この著者が書いた記事

第55回ヴェネツィア・ビエンナーレを観て──現代アートの聖性とは?

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2013年09月01日]

横尾忠則の〈反復〉とは何か? 横尾忠則現代美術館開館記念展1「反反復復反復」──二度ある美は、三度ある。

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年11月15日]

ビエンナーレ物語、そしてイスタンブールとテッサロニキへ

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年11月15日]

ヴェネツィア・ビエンナーレの過去と未来──「社会性」のアートに向けて

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年07月15日]

ヴェネツィア・ビエンナーレの現在

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年06月15日]

アメリカンアートの終焉?──2011年、ニューヨークのアートシーン

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2011年03月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ