2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

著者情報

鈴木佑也(すずき・ゆうや)

最終更新日:2018年06月15日

学術振興会特別研究員(PD)、東京外国語大学、東京工業大学、上智大学、東京理科大学で非常勤講師。専門はロシア/ソ連建築史および美術史。1930-50年代のソ連全体主義政治体制下における他国との建築交流と都市計画、住居政策の研究に取り組んでいる。

この著者が書いた記事

現代日本写真が伝える眼差しの方法──「記憶と光 日本の写真1950-2000
パリ・ヨーロッパ写真館所蔵 大日本印刷寄贈コレクションより」モスクワ展

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2018年06月15日]

文字の大きさ