2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

住友文彦(すみとも・ふみひこ)

最終更新日:2014年01月15日

twitterでつぶやく

1971年生まれ。アーツ前橋館長。あいちトリエンナーレ2013、メディア・シティ・ソウル2010(ソウル市美術館)の共同キュレーター。NPO法人アーツイニシアティヴトウキョウ(AIT)創立メンバー。展覧会=「Possible Futures:アート&テクノロジー過去と未来」展(ICC、東京、2005)、「川俣正[通路]」(東京都現代美術館、東京、2008)、ヨコハマ国際映像祭2009ほか。共著=『キュレーターになる!』ほか。

この著者が書いた記事

群馬県立近代美術館「群馬の美術2017──地域社会における現代美術の居場所」、アーツ前橋「Art Meets 04 田幡浩一/三宅砂織」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年05月15日]

太田市美術館・図書館「平田晃久建築展」、「加藤アキラ 孤高のブリコルール」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年04月01日]

「大地に立って 空を見上げて 風景のなかの現代作家」、「フードスケープ 私たちは食べものでできている」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2017年01月15日]

外丸治 彫刻展「風を渡る」、「コレクション+ 行為と痕跡」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年10月01日]

「奥村雄樹による高橋尚愛」、「表現の森 協働としてのアート」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年07月15日]

ya-gins──アーティストがイニシアティブをとる街中の空間

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年04月01日]

現代ドローイング国際芸術祭「トゥー・スティックス」、「ここに棲む──地域社会へのまなざし」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2016年01月15日]

「戦後日本美術の出発 1945-1955」「アーツでであう、アートでむすぶ in まえばし」「ここに棲む」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年10月01日]

「サイ トゥオンブリー×東洋の線と空間」『アーツ前橋 地域アートプロジェクト 2011-2015 ドキュメント』

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年07月01日]

メルド彫刻の先へ[彫刻と記録]/「Art Meets 02 大西伸明/相川勝」/「小泉明郎:捕われた声は静寂の夢を見る」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年04月01日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ