2017年12月15日号
次回1月15日更新予定

著者情報

西京人(さいきょうじん)

最終更新日:2016年06月15日

チェン・シャオション(中国)、ギムホンソック(韓国)、小沢剛(日本)の3人のアーティストによって、2007年に結成されたアーティスト・ユニット。アジアのどこかにある架空の「西京」という国を設定し、プロジェクトベースで作品を制作、発表している。

チェン・シャオション(陳劭雄)
1962年汕頭(中国)生まれ、北京(中国)在住。
個展「Strategies for Activists」(スペンサー美術館、カンザス、2012年)、「Air-Dry History」(ペキン・ファイン・アーツ、香港、2013年)、「チェン・シャオション:インク・ヒストリー、インク・メディア」(シアトル美術館、 2014年)。近年参加したグループ展「INK ART: Past as Present in Contemporary China」(メトロポリタン美術館、ニューヨーク、2014年)、「Sights and Sounds: Global Film and Video」(ジューイッシュ美術館、ニューヨーク、2014年)、「Making Histories」(カンザスシティ・アート・インスティテュート、2015年)、「The Civil Power」(民生現代美術館、北京、2015年)など。

ギムホンソック
1964年ソウル(韓国)生まれ、在住。
個展「REDCAT」(ロサンゼルス、2004年)、アート・ソンジェ・センター(ソウル、2011年)、プラ トー・サムソン美術館(ソウル、2013年)。グループ展「第50回、第51回ヴェネチア・ビエンナーレ」、「第10回イスタンブール・ビエンナーレ」、 「第4回、第6回、第9回広州ビエンナーレ」、「Brave New Worlds」(ウォーカー・アート・センター、2007年)、「Laughing in Foreign Languages」(ヘイワード・ギャラリー、2008年)、「Your Bright Future」(ロサンゼルス州立美術館、2009年)など。

小沢剛(おざわ・つよし)
1965年東京生まれ、埼玉在住。
個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館、東京、2004年)、「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術 館、2009年)、「帰って来たペインターF」(資生堂ギャラリー、東京、2015年)。グループ展「第50回ヴェネチア・ビエンナーレ」、「第5回アジ ア・パシフィック・トリエンナーレ」(クイーンズランド・アート・ギャラリー、2006年)、「プロスペクト2」(現代美術センター、ニューオリンズ、 2011年)など。


この著者が書いた記事

西京をひらく──西京人インタビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2016年06月15日]

文字の大きさ