2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

著者情報

白坂由里(しらさか・ゆり)

最終更新日:2018年10月15日

『ぴあ』編集部を経て、アートライター。『美術手帖』『マリソル』『SPUR』などに執筆。共著に『別冊太陽 ディック・ブルーナ』(平凡社、2015)など。美術を体験する鑑賞者の変化に関心がある。

この著者が書いた記事

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2018

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2018年10月15日]

[PR]美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 後編

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2017年04月15日]

[PR]美術鑑賞は人を幸せにできるのか?:フィンランド国立アテネウム美術館×DNP ミュージアムラボ シンポジウム レポート 前編

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2017年04月01日]

アートシーンや地域に風穴を開ける「遊工房アートスペース」

コンテンツカテゴリ:アートプロジェクト探訪
[2010年12月15日]

島が主役の「三河・佐久島アートプラン21」

コンテンツカテゴリ:アートプロジェクト探訪
[2010年10月01日]

すべては海続き──瀬戸内国際芸術祭

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年08月15日]

街とアートと人がともに成長していく美術館──Arts Towadaグランドオープン・レビュー

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2010年05月15日]

広島アートプロジェクト2009──アーティストが自らの場を拓く

コンテンツカテゴリ:アートプロジェクト探訪
[2009年10月15日]

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009──10年を経て、どこへ向かうか

コンテンツカテゴリ:アートプロジェクト探訪
[2009年09月15日]

「越後妻有アートトリエンナーレ 大地の芸術祭」と「越後妻有2009冬」

コンテンツカテゴリ:アートプロジェクト探訪
[2009年03月15日]

文字の大きさ