笠置秀紀:著者紹介|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

著者情報

笠置秀紀(かさぎ・ひでのり)

最終更新日:2018年08月01日

1975年東京生まれ。建築家。日本大学藝術学部修了。2000年に宮口明子とmi-ri meter(ミリメーター)を設立。主な活動に「仙台文学館を再編集する」(SSDせんだいスクールオブデザイン、2014) 、「川と路」(鳥取藝術祭、2015)、「URBANING_U」(ソーシャリー・エンゲイジド・アート展、2017)、「清澄白河現在資料館」(MOTサテライト、2017)がある。

この著者が書いた記事

ゴードン・マッタ=クラークに見る都市の現在と未来

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2018年08月01日]

文字の大きさ