2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

加治屋健司(かじや・けんじ)

最終更新日:2011年02月01日

twitterでつぶやく

1971年生まれ。美術史、表象文化論。広島市立大学芸術学部准教授、日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴ代表。共編著に『旧中工場アートプロジェクト』(広島アートプロジェクト、2007)、『広島アートプロジェクト2008』(広島アートプロジェクト、2009)、共著に『Count 10 Before You Say Asia: Asian Art after Postmodernism』(国際交流基金、2009)、『マーク・ロスコ』(淡交社、2009)、共訳にイヴ=アラン・ボワ+ロザリンド・E・クラウス『アンフォルム』(月曜社、2011)など。

この著者が書いた記事

アクションなき「具体」──世界美術史の中の「ニッポンの前衛」(「『具体』──ニッポンの前衛 18年の軌跡」展レビュー)

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2012年07月15日]

日本美術の担い手たちの声を残すデジタルアーカイヴ──日本美術オーラル・ヒストリー・アーカイヴの試み

コンテンツカテゴリ:デジタルアーカイブスタディ
[2011年02月01日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ