毎月1日、15日号発行の美術館・アート情報をお伝えするWebマガジン(次回2月1日更新予定)

著者情報

小原真史(こはら・まさし)

最終更新日:2015年02月19日

twitterでつぶやく

1978年愛知県生まれ。映像作家。東京藝術大学・東京工芸大学非常勤講師。2005年、「中平卓馬試論」で第10回重森弘淹写真評論賞受賞。監督作品に『カメラになった男──写真家 中平卓馬』がある。著書に『富士幻景—近代日本と富士の病』、『時の宙づり—生・写真・死』(共著)ほか。IZU PHOTO MUSEUM研究員として「荒木経惟写真集展 アラーキー」、「宮崎学 自然の鉛筆」展、「増山たづ子 すべて写真になる日まで」展などを担当。

この著者が書いた記事

[シリーズ3:“写真”の現在形]写真1990-2010──「戦後写真」の終わりと「日本写真」の行方

コンテンツカテゴリ:トークシリーズ:「Artwords」で読み解く現在形
[2013年08月01日]

「北」を背負った写真家

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年02月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

  • RSS配信
  • RSS配信

2017年01月15日号