2017年08月01日号
次回9月1日更新予定

著者情報

光岡寿郎(みつおか・としろう)

最終更新日:2011年01月17日

twitterでつぶやく

1978年生。メディア研究、ミュージアム研究。早稲田大学演劇博物館GCOE研究助手。論文=「ミュージアム・スタディーズにおけるメディア論の可能性」「なぜミュージアムでメディア研究か?」など。共訳=『言葉と建築──語彙体系としてのモダニズム』(鹿島出版会、2005)。

この著者が書いた記事

2000年以降の日本各地のアート・シーンを振り返る──〈Dialogue Tour〉総括にかえて

コンテンツカテゴリ:Dialogue Tour 2010
[2011年09月15日]

ハイブリッド・メディア、物質性、日常性

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年11月15日]

複数形の「ルーヴル」を描く試み

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2009年05月15日]

Museum Indifferent to Walls

コンテンツカテゴリ:ミュージアムノート
[2009年02月01日]

無臭化するインテリアデザイン

コンテンツカテゴリ:ミュージアムノート
[2008年11月15日]

▲ページの先頭へ

著者一覧

文字の大きさ