2018年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者情報

毛利直子(もうり・なおこ)

最終更新日:2018年07月01日

関西学院大学文学部(美学美術史学科)卒業。高松市美術館で展覧会企画・教育普及・ダンス公演等事業に携わるほか、高松市歴史資料館勤務時には歴史と現代美術を絡めた特別展を企画。また、高松市文化芸術振興課では瀬戸内国際芸術祭2013はじめ「高松市文化芸術振興条例」制定など文化行政に携わる。現在、リニューアルオープンした高松市美術館にて「やなぎみわ展」などを準備するほか、美術館マネジメントを担当する。

この著者が書いた記事

ノグチ・丹下が香川に投じた一石の波紋──「20世紀の総合芸術家 イサム・ノグチ 彫刻から身体・庭へ」/「山本忠司展」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2018年07月01日]

文字の大きさ