2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

宇加治志帆 Learning to be human

2015年01月15日号

会期:2014/12/12~2014/12/21

FUKUGAN GALLERY[大阪府]

最近はアクセサリーなどの制作も行っているアーティストの宇加治志帆が久しぶりに個展を開催していた。平面作品、実際に身につけることができるウェア、立体作品をインスタレーションにした展示空間はリズミカルな色やかたちで彩られていて目にも心地良く、タイトルからイメージをつなぎあわせて連想を膨らますのが楽しい会場だ。ちょうど居合わせた他の来場者とともに、展示された貫頭衣スタイルのワンピースやスカートを着て一緒に写真を撮影することにもなったのだが、作家に立ち位置やポーズを指示され、まるでファッション雑誌かなにかの1ページをつくるように慎重に撮影が行われたのが面白かった。これもまた作品の一部だったのだろうか。視覚的なイメージがパズルを組み合わせていくように展開していく、映画みたいな展覧会。なかなか素敵だった。


会場の様子

2014/12/20(土)(酒井千穂)

2015年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ