2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

Ezotic Caravan──国の北から

2015年01月15日号

会期:2014/12/04~2014/12/09

東京都美術館ギャラリーC[東京都]

タイトルの「国の北から」はいわずもがな、「エゾチック・キャラバン」のほうも国鉄時代のキャンペーン「エキゾチック・ジャパン」をもじったのか。命名者は50代だな。ちなみに「エゾチック」とは北海道的なるもの、といった意味らしい。出品は北海道出身の18人による絵画、彫刻、インスタレーション、写真、マンガなど。いくつか目についた作品を挙げると、石ばかり描いた工芸的仕上がりの絵画(+オブジェ)の川上亜里子、「ドーン」という文字を立体化して赤く塗った高橋喜代史、白い液体を入れたプールの上から水に関連する記号やイメージを投影した端聡、女性ヌードの投稿写真ばかり描出する村山之都、自作の縄文太鼓を並べた茂呂剛伸……。よくも悪くもエゾチックなものは感じられませんでした。

2014/12/09(火)(村田真)

2015年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ