2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

エスプリ・ディオール──ディオールの世界

2015年01月15日号

会期:2014/10/30~2015/01/04

銀座玉屋ビル[東京都]

東京銀座玉屋ビルでは4フロア全館を会場に、ドレス、香水、アクセサリー、映像、デザイン画やイラスト、資料をとおして、メゾン・ディオールの歴史を振り返る展覧会が開催された。なんといっても展示の中心は、贅と技巧のかぎりをつくしたオートクチュールのドレスの数々である。絢爛豪華な織、刺繍、縫いとり、スパンコール、フリル、チュール、リボン、ドレープ、プリーツなど、その緻密で精確な仕事は間違いなく一級の工芸品といえるだろう。たとえ数十年前に製作されたドレスを近年のドレスと並べでも、その高度な手仕事を集積したモノとしての確かな存在感は少しも古びることはない。装飾的で華やかなスタイルはディオールのドレスの特徴でもある。ディオール・オートクチュールのコンセプトは「フェミニニティの礼賛」だという。終戦直後にニュールックをかかげて華々しく登場したディオール以降、現アート・ディレクターのラフ・シモンズにいたるまで、女性らしいグラマラスなスタイルが着実に継承されてきたことをドレスの展示は物語る。また、本展には従来あまり人目に触れることがない、製作過程のトワルも出品されている。表面の装飾や色彩をのぞいてかたちだけをとりだしたかのような白無地のドレスは、まるで石膏の彫刻のような佇まいで、造形そのもののシンプルな美しさを呈している。そして、一点一点のドレスを誰がどのような場面で着用したのか、そのドレスをいかに解釈するべきか、さらにはドレスをとおしてどのようなイメージをいだくべきかが周辺の展示によって示される。製作当時の記録映像をはじめ、ソフィア・コッポラやウォン・カーウァイら著名な映画監督が手がけたコマーシャル・フィルム、パトリック・ディマルシェリエが撮影した写真集およびメイキング映像など、その仕掛けの規模に大きさにはドレスがたんなる工芸品ではなくあくまでもモードであるということをあらためて思い知らされた。入場無料の本展、大掛かりなウィンドウ・ディスプレイという見方もできるだろう。[平光睦子]

2014/12/28(日)(SYNK)

2015年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ