2021年04月15日号
次回5月17日更新予定

artscapeレビュー

記録と想起・イメージの家を歩く

2015年01月15日号

会期:2014/11/15~2015/01/12

せんだいメディアテーク 6Fギャラリー4200[宮城県]

3.11関係の映像を紹介するものだが、「イメージの家を歩く」の副題通り、25の小部屋が連鎖する展示デザインが印象的だった。リビング、寝室、台所など、すべて具体的なインテリアがある小さな空間に映像を置くのだが、なんとも不思議な気持ちになる。ただし、本棚の中身もフツーで良かったように思う。ゴダールやTAZなど、いかにも文化施設というセレクションではなく、どこの家にもありそうな平凡なモノの方が、この展示には向いている。作品は、酒井耕+濱口竜介が向きあう対話の撮影手法を再現した部屋、藤井光による沿岸風景、小森はるか+瀬尾夏美の波のした、土のうえ、川村智美の石巻記録、長崎由幹によるパイプの椅子インスタレーション、仙台で原発の問題を問う映像など、さまざまなタイプの作品を鑑賞できる。


酒井耕+濱口竜介による展示風景


2014/12/16(火)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00028569.json l 10106224

2015年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ