2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

アブストラと12人の芸術家

2013年01月15日号

会期:2012/11/11~2012/12/16

大同倉庫[京都府]

12人の作家たちによる抽象表現をテーマにした自主企画展。荒川医、金氏徹平、菅かおる、国谷隆志、小泉明郎、立花博司、田中和人、田中秀和、中屋敷智生、南川史門、三宅砂織、八木良太が「現代の新しい抽象表現とは何か?」をテーマに新作を発表した。タイトルの「アブストラ」とは、かつて圧倒的な吸引力で美術史のひとつのピークをつくり、歴史を塗り替えたアメリカの“マッチョ”な抽象表現主義に対し、現代の抽象表現を“女性的”として表わした言葉。現役の大きな倉庫を会場に、映像、絵画、立体インスタレーションなど、さまざまな作品が展示されていた。立体も平面も、大型の作品がほとんどで、この広大なスペースをのびのびと自由闊達に使いこなしているように見えるが、倉庫という機能と目的のある空間を展示空間として創出するそれぞれの工夫もうかがえる展示で、今展に取り組む作家たちの姿勢と意欲も感じさせるものだった。なにより新しい抽象表現というひとつの問いを共有し制作発表につなげる彼らの行動力とチャレンジ精神に感心した展覧会。こちらの背筋も伸びる思いだった。会期中にはワークショップやアーティストトークなどの関連イベントも多く開催されていたが私はひとつも行けなかったので、現在制作中という記録集を楽しみに待ちたい。


会場風景

2012/12/15(土)(酒井千穂)

2013年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ