2021年11月15日号
次回12月1日更新予定

artscapeレビュー

前谷康太郎「distance」

2013年01月15日号

会期:2012/11/17~2012/12/24

梅香堂[大阪府]

暗闇の中にオレンジ色の光がぼんやりと灯り、徐々に大きくなったかと思うと再び縮小に転じ、やがて消失する。その繰り返しのなかで観客の瞼には残像が焼き付き、同一映像の繰り返しとは思えない豊かな視覚体験へと誘われる。ロスコの絵画を思わせる前谷の作品は、実は単純な方法でつくられているらしい。ただ、自作のピンホールカメラ風の道具を使用することで、映像に不思議な神秘性が宿るのだ。本展ではこの作品以外に、12個のブラウン管テレビを用いた作品なども出品。ブラウン管の個体差を生かすことで、ひとつの映像から豊かバリエーションを生み出すことに成功していた。彼の作品を見ていると、われわれの視覚にはまだまだ未知の領域が残っていることが実感できる。彼の作品をもっとたくさん見てみたい。

2012/12/13(木)(小吹隆文)

2013年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ