2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

注目作家紹介プログラム チャンネル3「河合晋平博物館」

2013年01月15日号

会期:2012/11/27~2012/12/24

兵庫県立美術館[兵庫県]

芸術環境に生息し進化する「生命体」という見立てのもの、「存在物」と名付けたユニークな形態の立体作品を制作、発表し続けている河合晋平の作品を紹介。スプーン、電池ボックス、ビニールチューブなど、身の回りにあるものを組み合わせ、加工して制作されるそれらは形状も色も実に多彩なのだが、彼の作品がさらに面白いのはこれまでに生み出された「存在物」全てが「生態系」として丁寧に分類されているところ。河合の想像と創造によって進化し続ける「存在物」とその世界観が充分に堪能できる展示になっていた。「河合晋平博物館」というタイトルもぴったり。

2012/12/23(日)(酒井千穂)

2013年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ