2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

artscapeレビュー

胎内巡りと画賊たち~新春 真っ暗闇の大物産展~

2013年01月15日号

会期:2013/01/10~2013/01/20

京都伝統工芸館内 京都美術工芸大学付属京都工芸美術館[京都府]

東京を拠点に活動する画家集団・画賊が、関西の天野萌、木内貴志、木村了子、建築ユニットmono.をゲストに迎え、京都で展覧会を開催。こけしや貝殻の置物といった伝統的な民芸品をモチーフに「新しい物産」を発表すると同時に、「胎内巡り」(真っ暗な迷路空間を通って明るい地上に戻る体験を通して、仏教の教えに導かれる過程を疑似体験する行為)が体験できる。観光都市京都の一角で繰り広げられる、怪しげなムード満載の脳内リゾートはいかが。

2012/12/20(木)(小吹隆文)

2013年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ