2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

高橋耕平「HARADA-san」

2014年01月15日号

会期:2013/12/06~2013/12/27

ギャラリー・パルク[京都府]

一見、客観的な資料性の高い年表のようなものにも制作意図はもちろんあって、掲載される項目の取捨選択は必須。純粋な中立な視点に立ったドキュメンタリーなど存在しないわけで。本展でも高橋の取材のもと、「原田さん」という人物が生まれてからいままでの年表と映像が制作されているが、どうも編集意図が見当たらない、とても読みづらいものになっていた。訊くと「事実だけど演劇のようなもの」として見せるための意図的な未編集なのだという。しかしそこにも制作意図は入ってしまう。情報のなかにまぎれて記される「原田はその意見には反対であったらしい」といった高橋のイタズラ心を垣間みたときに作品の奥深さを知る。それにしても映像の冒頭のシーンのフレーミングは美しかった。

2013/12/27(金)(松永大地)

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ