2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

プレビュー:ポンピドゥー・センター・コレクション「フルーツ・オブ・パッション」

2014年01月15日号

会期:2014/01/18~2014/03/23

兵庫県立美術館[兵庫県]

1977年開館、フランスはパリのポンピドゥー・センターにあるパリ国立近代美術館より、現代美術のコレクションがやってくる。日本でもよく知られるアンリ・サラ、エルネスト・ネト、ツェ・スーメイのほか、パリの若手画家のファラー・アタッシ、ハンス=ペーター・フェルドマン、イザ・ゲンツケンなど、同美術館が友の会から寄贈された19作家25点とともに、アグネス・マーティン、ダニエル・ビュレンといった現代美術の巨匠の作品6点を加えた合計25作家31点。兵庫だけの独自企画で巡回もしないということでぜひとも注目したい。

2014/01/15(水)(松永大地)

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ