2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

ケ・ブランリ美術館

2014年01月15日号

[フランス・パリ]

ケブランリを再訪した。これは基本的にジャン・ヌーヴェルの集大成のような建築である。変化が大きい南面は、傾きを変えられるルーバーと、ガラスのドットの組み合わせで光をコントロールし、安定した北面は、風景をプリントしたガラスと突起した箱型展示空間だ。光と色の独特のセンスが光る。大量のドットを反復するアボリジニの絵画を見ると、草間彌生を思い出す。

2013/12/26(木)(五十嵐太郎)

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ