2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

iTohen開設10周年記念 作品展

2014年01月15日号

会期:2013/12/11~2013/12/28

iTohen[大阪府]

黒瀬正剛、間芝勇輔、きくちちき、asaruほか110名による計110点の平面を中心にした作品が壁いっぱい展示されるなか、権田直博の作品に目を奪われる。自分の父親の肖像(西郷隆盛をベースにした似顔絵!)をクリスタルの中にレーザーで3Dに彫った、キッチュなお土産品同様に仕上げた七色に光る10センチ程度の物体。イラストレーション作品が多いなか、この違和感で思い出した。そうだ、彼の作品は、これまでもにぎり寿司が空を飛ぶような絵だったりする作品だけでなく、お風呂に入りながら鑑賞できたり、宙に浮かせた畳に座らせたり、ギャラリーでヤギ焼き肉したり、いつもノイズを潜ませてくるんだった。

2013/12/28(土)(松永大地)

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ