2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト─来るべき風景のために

2014年01月15日号

会期:2013/09/21~2014/01/13

森美術館[東京都]

森美術館「六本木クロッシング2013」展は、震災以降も意識した社会派のアートを集めたということで、あいちトリエンナーレ2013との比較も可能だが、下道基行、丹羽良徳、金氏徹平、大友良英らの重複を除き、だいぶ違うセレクションになっている。これは美術の多様性を示すだろう。セレクションでは、在外の日系アーティストが多いのが興味深い。ただし、それぞれの作品の解説文が少しわかりにくいのが、気になった。

2013/12/21(土)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00022911.json l 10095382

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ