2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

artscapeレビュー

下道基行「TORII」

2014年01月15日号

会期:2013/11/16~2014/01/19

梅香堂[大阪府]

「MOTアニュアル2012:風が吹けば桶屋が儲かる」でも展示された6年間のフィールドワーク「torii」シリーズからのセレクト。大きなプリントで見応えのある写真。作家がそこに写し取っているものの情報量の多さ、多様さに圧倒される。鳥居を撮ったシリーズのなかにあって、鳥居がもとあっていまはない場所、という写真はとくに美しく、見応えがあった。もう少しじっくりひたるべく、刊行されてまもない書籍『torii』を購入させていただく。梅香堂では2回目となる下道展だが、近くに住んでいたこともある下道にとっては、特別な場所だったに違いない。堂主・後々田寿徳氏は会期半ばの2013年末に惜しくも帰らぬ人となってしまったが、年が明けて本日からの残りの会期は作家本人が在廊してオープンしていた。大きな運河を眼下に、波板の壁面に囲まれる梅香堂の空間との相性も抜群だったと思う。

2014/01/09(木)(松永大地)

2014年01月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ