2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

著者紹介

町村悠香(まちむら・はるか)

最終更新日:2019年05月15日

1988年生まれ。町田市立国際版画美術館学芸員。2012年、東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学専攻修士課程修了。「浜田知明 100年のまなざし」展(2018年)などを企画。2016年から現職。

この著者が書いた記事

「プランB」ではないオンラインイヴェントの可能性
──新型コロナウイルス流行下の試みから

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年09月15日]

「地元」と世界──「インプリントまちだ展2020 すむひと⇔くるひと —『アーティスト』がみた町田—」を企画して

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年04月01日]

木版画から樹木と出会う 「インプリントまちだ展2019──田中彰 町田芹ヶ谷えごのき縁起」から見えた人、まち、環境

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年10月15日]

戦後版画運動の地下水脈 女性、山村をめぐるケーススタディ

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2019年05月15日]

文字の大きさ