2024年02月15日号
次回3月1日更新予定

著者紹介

奥脇嵩大(おくわき・たかひろ)

最終更新日:2024年01月15日

1986年埼玉県生まれ。京都芸術センター・アートコーディネーターや大原美術館学芸員を経て、2014年より青森県立美術館学芸員。「青森EARTH」展覧会シリーズや「アグロス・アートプロジェクト」「美術館堆肥化計画」等の企画運営を通じて、美術館とその活動に生きることを再設計する場としての役割を実装することに関心をもつ。2024年夏の青森県立美術館企画展「鴻池朋子展:メディシン・インフラ(仮称)」を現在準備中。

この著者が書いた記事

第9回 美術館を出て考える、人が「ここ」で生きている意味──奥脇嵩大(青森県立美術館)×森山純子(水戸芸術館)[後編]

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2024年02月01日]

第8回 美術を辞めて日常に戻る人の背中が、もっと見たくなってしまって──奥脇嵩大(青森県立美術館)×森山純子(水戸芸術館)[前編]

コンテンツカテゴリ:もしもし、キュレーター?
[2024年01月15日]

文字の大きさ