2022年11月15日号
次回12月1日更新予定

著者紹介

塚本麻莉(つかもと・まり)

最終更新日:2022年02月15日

1989年大阪市生まれ。2014年東京藝術大学大学院美術研究科文化財保存学専攻修了。2016年より高知県立美術館で学芸員として勤務。これまで企画した主な展覧会に、「収集→保存 あつめてのこす」(高知県立美術館、2020)、「ARTIST FOCUS #01 竹﨑和征 雨が降って晴れた日」(同、2020)、「方庭にあそぶ 高﨑元尚 × 川鍋達 Play on Quadrangles」(すさきまちかどギャラリー/旧三浦邸、2020)、「甫木元空個展 その次の季節」(同、 2021)など。「この場所でしかできないことは何か」を模索しながら、高知ゆかりの作家を取り上げる展覧会を中心に企画する。

この著者が書いた記事

アーティスト・コレクティブがつくるコレクティブな展覧会──「丸亀での現在」の挑戦

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2022年02月15日]

文字の大きさ