2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

著者紹介

影山幸一(かげやま・こういち)

最終更新日:2018年02月15日

1961年生まれ。ア-トプランナー、デジタルアーカイブ研究。CG展=「3D BRAIN CIRCUS」(横浜ランドマークタワーギャラリー 1994)、写真展=「地平線発──21世紀の旅人たちへ」(O美術館 1997)、書籍=『辺境からのEメール』(企画)。「1999年デジタルアーカイブ・アンケート調査結果報告書〔美術館・博物館〕」(1999 個人調査)。共著=『デジタル・アーカイブとは何か』(勉誠出版 2015)。編集=『デジタルアーカイブ白書』(2005 JDAA)など。

この著者が書いた記事

[特別編:比較して見る]コロナ退散せよ! 葛飾北斎×しりあがり寿

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2020年05月15日]

ピート・モンドリアン《赤、青、黄のコンポジション》──両極の明滅がもたらす生命性「福士 理」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2020年04月15日]

ラファエロ・サンティ《キリストの変容》──光と闇のドラマ「越川倫明」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2020年03月15日]

ニコラ・プッサン《アルカディアの羊飼いたち》──瞑想へ「木村三郎」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2020年02月15日]

ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》──立ち上がる崇高「新畑泰秀」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2020年01月15日]

アンリ・マティス《大きな赤い室内》──絵画と装飾「天野知香」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2019年12月15日]

[PR]複製に宿るオリジナリティ──
職人の技とITがつくる複製原画「プリモアート®」

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2020年01月15日]

ウィリアム・ターナー《解体されるために最後の停泊地に曳かれていく戦艦テメレール号、1838年》──移ろいゆく時代「荒川裕子」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2019年11月15日]

サルバドール・ダリ《記憶の固執》──無意識の情景「村松和明」

コンテンツカテゴリ:アート・アーカイブ探求
[2019年10月15日]

カルコン美術対話委員会公開シンポジウム
「日本美術における国際交流──課題と可能性」リポート
──第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2019年10月15日]

文字の大きさ