2021年01月15日号
次回2月1日更新予定

著者紹介

額田大志(ぬかた・まさし)

最終更新日:2020年12月15日

1992年東京都出身。作曲家、演出家。8人組バンド『東京塩麹』、演劇カンパニー『ヌトミック』主宰。
「上演とは何か」という問いをベースに、音楽のバックグラウンドを用いた脚本と演出で、パフォーミングアーツの枠組みを拡張していく作品を発表している。『それからの街』で第16回AAF戯曲賞大賞、古典戯曲の演出でこまばアゴラ演出家コンクール2018最優秀演出家賞を受賞。自作のほか、Q/市原佐都子『バッコスの信女 ─ ホルスタインの雌雌』などの舞台音楽、JR東海『そうだ 京都、行こう。』などの広告音楽も数多く手掛ける。
https://nuthmique.com/

この著者が書いた記事

2020年、アーティストたちの距離・時間・接触

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2020年12月15日]

文字の大きさ