2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

著者紹介

渡邉朋也(わたなべ・ともや)

最終更新日:2020年06月15日

1984年東京生まれ。多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。山口情報芸術センター[YCAM]アーキビスト/ドキュメントコーディネーター。YCAMでは主催事業の記録物のコーディネーションを中心に、三上晴子作品をはじめとする委嘱作品の再制作のプロデュースを手がける。おもな展覧会企画に、「インターネット アート これから──ポスト・インターネットのリアリティ」(2012、NTTインターコミュニケーション・センター[ICC])。アーティストとして参加した展覧会に「transmediale 2014」(2014、ドイツ・ベルリン)、「Affekte」(2014、ドイツ・エアランゲン)、「光るグラフィック」(2014、東京)、「信頼と実績」(2017、京都)などがある。著書に『SEIKO MIKAMI──三上晴子 記憶と記録」(2019、NTT出版、馬定延との共著)がある。

©山本悠挿し絵事務所

この著者が書いた記事

搬入プロジェクトを山口で実施する

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2020年06月15日]

YCAMアート企画プレリーディング[後半]

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年12月15日]

YCAMアート企画プレリーディング[前半]

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年09月15日]

ムン・キョンウォン+YCAM「プロミス・パーク・プロジェクト[リサーチ・ショーケース]」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2015年01月15日]

「MEDIA/ART KITCHEN YAMAGUCHI──地域に潜るアジア:参加するオープンラボラトリー」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年10月01日]

「MEDIA/ART KITCHEN YAMAGUCHI──地域に潜るアジア:参加するオープンラボラトリー」

コンテンツカテゴリ:キュレーターズノート
[2014年06月15日]

文字の大きさ