2022年11月15日号
次回12月1日更新予定

著者紹介

塚田優(つかだ・ゆたか)

最終更新日:2022年06月08日

評論家。1988年生まれ。主な共著に『グラフィックデザイン・ブックガイド』(グラフィック社、2022)、主な論文に「日本デザイン史におけるイラストレーションの定着とその意味の拡大について──1960年代の言説を中心に」(『多摩美術大学研究紀要』第34号、多摩美術大学、2020)などがある。
https://ytsukada.themedia.jp/

[写真:若林亮二]

この著者が書いた記事

「明治文学の彩り──口絵・挿絵の世界」展から垣間見る、その時代ゆえの挿絵画家たちの生態系

コンテンツカテゴリ:フォーカス
[2022年03月15日]

文字の大きさ