2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

著者紹介

芦田彩葵(あしだ・あき)

最終更新日:2019年10月01日

1979年兵庫県生まれ。神戸大学文学部卒業、同大学大学院博士課程修了。博士(文学)。
専門は近現代西洋美術史、現代美術。2006-2019年3月まで熊本市現代美術館に学芸員として勤務。主な企画展に同館での「荒木経惟 熊本ララバイ」(2008-2009)、「小谷元彦展 幽体の知覚」(2011)、「Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術」(2013)、「STANCE or DISTANCE? わたしと世界をつなぐ距離」(2015)など。共著に『不朽の名画を読み解く』(ナツメ社、2010)、『美術史歴参』(中央公論美術出版、2013)など。 現在は神戸大学で博物館学を教えながら、「Art Project KOBE 2019: TRANS- 」に携わる。




この著者が書いた記事

「ICOM博物館定義の再考」が示すもの──第25回ICOM(国際博物館会議)京都大会2019

コンテンツカテゴリ:トピックス
[2019年10月01日]

文字の大きさ